複数拠点運営


スマートデバイスを導入することによって、本部とそれぞれの店舗のコミュニケーションを円滑にするだけでなく、情報共有もスムーズにできるようになりますので、それが営業力のアップにも結果的につながることになります。クラウドを利用すれば一元管理することができるので、それぞれの拠点に専任のIT管理者がいなかったとしても、サイバーネットシステムやスマートデバイスの利用によって国内の拠点があるパソコン、スマートでバスのセキュリティ対策も、IT資産管理などもすべて一元的にクラウドで管理することができるようになります。拠点のパソコン、スマートデバイスがネットにつながってさえいれば、IT管理者がクライアント端末を一元管理可能になりますし、レポート画面をうt勝手セキュリティが弱いパソコン、スマートデバイスに関しては、ウェブやコンソールで人目見てわかるようなシステムもあるので安心です。

クラウドサービスを利用すれば専用のサーバーを設置する必要はありませんし、最初に大規模な投資など不要になります。拠点によって専用のサーバーを設置すれば、高い費用がかかりますが、クラウドならばサーバーを構築する必要はないですし、管理の対象になるパソコンやスマートデバイスはLANに接続されてなかったとしてもネット環境さえあれば、管理可能になりますので、あちこちに拠点を持っている会社でもコストはさほどかからずサービスが利用できるメリットがあるのです。また、グループ管理機能などもありますので、それぞれの拠点によってポリシーにあった管理が可能になります。グループ管理者を作ればさらにスムーズに作業効率がアップします。

これによって、本来ならば本部と各店舗がなかなかコミュニケーションがとれずに、どうなっているのかわからない状態でそのまま話を進めていたということがあったかと思いますが、これからは密に、連絡やコミュニケーションをとることが可能になりますし、情報をこれまで以上にスムーズに共有することができるので、その結果、営業力をアップさせることにつながるのです。営業先ですぐに本部に連絡を取って確認をしたかった最新の機種についてのことも、常に本部との連絡はスマートデバイスを使えば可能で、常に最新情報が更新されている状態でクラウドにありますので、営業担当者はわざわざ問い合わせしなくても、顧客をお待たせしなくてもすぐに調べることができるようになり、営業チャンスを逃さずにすむというわけです。