スマートフォンとの連携


ビジネスにスマートフォンを連携させることによって、価値も可能性もかなり広がることになります。働く場所を広げて、そしてコミュニケーションをこれまで以上に活発にするスマートフォンがビジネスの幅も広げます。スマートフォンはスマートデバイスの中ではもっとも使いやすいですし、様々なアプリケーションもありますし、コミュニケーションを活発にとるためには今やなくてはならない存在です。ビジネスシーンに利用する場合にはそれにぴったりの環境を用意しなければいけません。今あるビジネスのシステムとの連携をスムーズにすることや、セキュアな環境で使用することが可能なこと、ワークスタイルを新しくさせる、生産性を高くして、人に負担なくワークプレースを実現させることができればビジネスシーンでもスマホはかなり活躍するのではないでしょうか。たとえばスマートデバイスとしてスマホをビジネスに導入した場合には社内通話に利用することができます。そして社内の業務システムをメールやシステムで安全にアクセスできるようになりますし、いろいろと活用できるそれぞれの企業に合うアプリケーションがありますので、それを使ってさらに業務効率を上げることができます。高いセキュリティ対策を実現していれば安心して使うことができるのです。

スマートフォンのシンクライアント化を実現させることも可能です。スマホから会社の中のシステムにアクセスをする、パソコンのメールを見てもスマートフォンそのものにはデータが残らずに、シンクライアント端末として使うことができるので、スマホをもし外でなくした、盗難にあった場合でも情報漏洩につながらないので安心です。

スマートフォンを万が一失くしてしまった場合や盗難にあってしまった場合でも、MDMを利用していれば、遠隔操作をすることができるので、それによって端末にロックをかけたり、データを消去したり、端末の初期化などもできるので安心です。そしてカメラ機能、SDカードの利用といったビジネスに不要な機能の制限、アプリの使用制限なども遠隔操作でできますので、万が一に備えてMDMを利用するとさらに安心した状況の中でスマートデバイスとしてのスマートフォンをビジネスに活用することができます。セキュアなアクセスとして、認証や暗号化をすることによって情報はすべて保護することができるので、その点においても安心して使えるというメリットがあるでしょう。