メリット


スマートデバイスを導入することはビジネスに大変活用することができます。

今は外出先でもスマホなどの操作をしている人がとても多いのですが
一般の人の間でこれだけ活用されているのですからビジネスでも活用すべきですし
活用することによってさまざまなメリットがあるのです。

そのメリットは会社や企業によっても違いがありますが、
具体的にはどのようなメリットが導入後に現れたのかそれを見てみましょう。

導入例

まずとある企業では手軽にインターネットスーパーが利用できるようにということで
一部会員に対してiPadを貸与していますが、タブレットは起動がとても早くて
操作がとても簡単なので手軽に自宅で買い物ができるということもあり
販売量が増えたというメリットがありました。

そして大手のコンビニですが無料のWifiスポットを展開したことによって、
会員が自分が持つスマートデバイスを使用して高速インターネットが使えるようになり、
来店する頻度のアップにつながりました。

そしてとある企業ではARを使ってフィッティングサービスを開始したところ、
お客様は自分と洋服を重ねた画像を見ることができるので、
実際に試着をしなくても試着をした姿をすぐに確認できるということで、
ほかの店舗との差別化を図ることができるということで
売り上げ貢献にもつながるメリットもあります。

そして大手家電量販店では、
アプリでポイントカードを提供したことで、
アプリによってポイントをためることができるということもあり、
ポイントカードをこれまでなら持参しなければいけなかったのが
持参しなくてもよくなりますし、店舗側としても顧客管理の効率化を図ることにつながりました。

また大手のメーカーではアプリを使ったセルフレジサービスを提供したことによって
自分のスマホを使って決済可能になりましたので、これまでは
レジに並んで商品を購入しなければいけませんでしたが、
レジに並ばなくても商品の購入ができるようになったために
店舗運営が効率よくスムーズに進むようになったというメリットがありました。

このように、スマートデバイスを活用して、
サービス業で導入した場合のメリットをここでは見たのですが、
もちろん直接顧客がかかわらない部門や会社でもスマートデバイスを導入することにより、
作業効率のアップやその他管理の効率化などを図ることができるようになるというメリットがあります。