見える化


スマートデバイスを導入することによって社員の自立的な問題解決に対しての行動を活発にさせる「見える化」の実現が可能になります。これまでは情報を整理するパーソナライズカスタマイズや情報のジャストインタイム化をさせること、誰にでも一目でわかる情報共有にはどうすればいいのかなどはなかなか解決できない問題でした。しかしスマートデバイスを導入することによって見える化が実現できるのです。スマートデバイスを導入すればそれぞれが何をしているのかがクラウドを利用すれば現場状況を会社の経営陣も把握することができます。そして何をしているのかということだけでなく、顧客情報についても自由に見ることができますので、どのような顧客がいるのかということについても、常に担当者だけでなく多くのスタッフが一緒に共有することができるようになります。それを踏まえた上で経営戦略を考えることができるので、たくさんのスタッフで一緒に検討することができるようになります。情報が見えるということは、ただそれだけなのに、ビジネスチャンスを逃さないことやビジネスの拡大にもつながるのです。情報が見えれば部署だけの中でしかこれまではわからなかったことも、部署という空間を越えてコミュニケーションを密にとることができますので、そのことによって連携がさらに強まり、創造性がとても強まります。創造性が強まることによって、部署の中でしか沸かなかったアイディア以上のアイディアを多くの人で考えることにもつながりますし、問題点もこれまで以上に発見できるようになります。問題点がわかるようになれば、自立的行動を活発にすることにつながりますので、其の問題に対しての早い段階での解決と、そして其の問題をどのようにすれば改善できるのかということについての必要な情報を収集することができるのです。

そして改善等に必要な情報をそれぞれに合う形で伝えて、その意思を決定して全員に伝えるという速さもこれまで以上にかなり早くなるのです。こうしたよいサイクルがスマートデバイスを導入することによって生まれてきますので、それは小さなことから始まるかもしれませんがしだいにビジネスチャンスを生むことにもなりますし、これ前のビジネスよりもさらに拡大させたビジネスを展開することにもつながるのです。社員一人ひとりの意識をさらにしっかりと持たせるためのいい循環が、スマートデバイスを導入することによって広がるのです。