クラウドやビジネス管理システム(BPM)、ビジネスインテリジェンス(BI)などのシステムを用いた業務改善についてですが、どんなことが具体的には業務改善できるのでしょうか。

例えば意思決定をするのに必要な最新の情報を手に入れるのに時間がかかっていた場合には、
直感的に分析して、表現力のある高いレポートをシェア機能によってすぐに共有することができ、
意思決定をスムーズに行うことができるようになります。

また以前はシステムの構築までに時間がかかるといった件もありましたが、
現在ではスムーズなシステムの構築が可能です。

そのほかにもレポートツールの場合だと
個人の端末で情報がばらばらになっているので共有が大変といった問題も、
直感的な操作でダッシュボード上での共有がスムーズに行えるようになります。

また、システム導入時のランニングコストが懸念と言った場合にも、
ビジネス上必要な情報分析とレポーティング・情報共有の時間短縮が運用中は可能になります。

また、それでも費用対効果や使いこなせるかが不安な場合には、
無料のお試し期間を設けているところもあるので、まず試用してみるのがいいでしょう。

下記に、業務改善に使えるシステムをいくつかピックアップしました。
各システムの特徴を確認し、現状の業務課題にあったものを探してみてください。

Power BI | 対話型のデータ視覚化 BI ツール
BIツール Power BI

法人向けクラウド・オンラインストレージ Fleekdrive(フリークドライブ)
クラウド・オンラインストレージ Fleekdrive