業務改善


クラウドやビジネス管理システム(BPM)、ビジネスインテリジェンス(BI)を用いた業務改善についてですが、どんなことが具体的には業務改善できるのでしょうか。たとえばこれまでは情報の鮮度が古いとか最新の情報を手に入れるのにh時間がかかっていた、意思決定をするのに必要なリアルでフレッシュな情報がなかなか手元に入らないという問題を抱えていた場合には、直感的に分析して、表現力のある高いレポートを情報シェア機能を使えばすぐに共有することができるので、それによって意思決定がスムーズになります。またBIシステムがほしいと思っていてもこれまでのシステムを使った場合は時間がかかるということ問題点がありましたが、今はスムーズなシステムの構築が可能です。今使っているレポートツールはレポートを表現するに当たり限界がある、エクセルといった個人の端末の情報がばらばらになっているので情報をひとつにまとめたいが共有するのに時間がかかるなどの問題も、直感的な操作だけで誰でもすぐに使えて、そして複数ソースを使って、ビジネスに必要な、ダッシュボードが作れて共有もスムーズです。

また、BIシステムを維持するための、費用に疑問を持っているという人でも、ビジネスで必要な情報の分析とレポーティングと情報の共有の時間短縮が可能になります。どんなシーンで利用することになるのかといえば、たとえば投資対効果を計測したいがわかりにくいとか、使い勝手を試して導入を検討したいと思っている場合でも、無料のお試し期間を導入しているところもあるので、まず試せるのがいでしょう。そして分析機能をもっと補いたい場合でも、その他の情報を合算させて分析させたい場合でも、分析タブを埋め込むこともできます。これまでにエクセルを中心とした集計や分析を使っている場合にはもっと効率よく分析をしたいと思ったり、表現をもっと印象付けたいと思っているかもしれませんがその点についても、CSVやエクセル、RSSといったデータの取り込みに対応可能なのでそれぞれのデータソースを簡単に組み合わせた上で分析することができます。ビジュアル度がとても高いダッシュボードにて自分が訴えたいと思っている力を最大限表現することができます。いろいろなグラフや主要分析シーンに対してのテンプレートなども用意されているのでとても分析する内容がはっきりとわかりやすくなるメリットがあります。このように導入によってさまざまな業務改善効果が見られるのです。