営業力強化


スマートデバイスを導入することは営業力強化にもちろんつながります。これまではスマートデバイスといえば個人が利用して楽しむ端末というイメージが強かったかもしれませんが、スマートデバイスをビジネスに導入することによって営業担当者のワークスタイルに変化をもたらすことになり、その変化は営業力強化を実現させることにつながるのです。営業担当者といえば、様々な顧客の個人情報を取り扱いますし、これまでは外出先でリアルに情報を確認したいと思ったら会社に連絡を入れる、コールセンターで問い合わせをして確認をしなければいけませんでしたのでかなり時間が必要でしたが、今はスマートデバイスを利用することによって連絡も、確認の手間もとても削減できるよう担ったのです。スマートデバイスを使えばプレゼンテーション、遠隔操作ができるようになります。

最新のカタログを顧客に見せたい場合でもマニュアルをデータにして簡単に持ち運ぶことも可能になりますので、顧客にスライドを見せたり、動画を使って臨場感あるプレゼンをスマートデバイス上ですぐにでも繰り広げることが可能になりますから、これまで以上に新しい営業の形を選べるようになります。そして社に戻ってからしかこれまでは確認できなかったメールの確認もできるようになりますし、営業日報の作成などもその場でできることにより、作業効率はアップしますので、その分1人でも多くのお客様のもとを訪れることができるようになるのです。そして訪問した先で見積もりをすぐにあげたい場合でも、納期の確認をしたいといわれた場合でもこれまでは社に戻らなければわからない、問い合わせしなければわからなかったのに対して、すぐにその場で対応できるので仕事がもらえる可能性がアップするのです。

そしてSFAに関してですが、営業部門の共有と発見、そして活動を促進するためのツールですが、これを導入することによって顧客が今何をしたいのかどんな結果が出たのかなどの情報をほかのスタッフと共有することができるようになります。これがSFA(Share Find Act)のSの部分ですね。そしてFの部分として共有した情報を元にしてこれがどうビジネスチャンスにつながるのか、何が使える方法で何が問題点なのかが発見できます。そしてAの部分はもっと効率的でもっと効果的な営業の方法をすることで成果をもっと得ることができることにつながるということになります。SFAを基軸にすることで営業強化はさらに促進されます。