セキュリティ


スマートデバイス導入に当たってはメリットばかりではありません。セキュリティ対策を強化する必要があり、
実際セキュリティ面でのリスクは避けられないことなのです。たとえばスマートデバイスを導入することによって
どのような会社内でのリスクが発生するのかといえば、ウイルスやマルウェアの拡散が第一に考えられます。
 

マルウェアに感染したスマートデバイスをUSBケーブルなどで社内のパソコンに接続をすれば
それだけでパソコンに感染しますし、すぐにネットワークにも広まってしまうリスクがあります。
 

そして管理している端末以外の端末から不正にアクセスを受けるいわゆるハッキングの被害も考えられます。
会社内のウェブシステムにハッキングされて不正アクセスされるリスクです。
 

そしてスマートデバイスを破棄する際に、不適切な破棄をした場合には、
使っていた人のデータがそのまま残ったままの状態になっており、それを再利用されかねませんから、
世紀の手順でのスマートデバイスの破棄をしなければいけないというリスクも発生してきます。
 

そして今紹介したのは社内でのリスクですが、それ以外にも社外でのリスクも考えられます。
社外でスマートデバイスを紛失したり盗難にあった場合に第三者に利用される恐れもあります。
 

そして通信をしている最中に盗聴されることもありますし、
クラウドサービスを経由したまま漏洩してしまうことだってありえます。
クラウドストレージに保存した情報がクラウド業者にハッキングされたことで漏洩される恐れも考えられるのです。
 

このようにさまざまなセキュリティ面のリスクが浮かび上がってくるので、
スマートデバイスのセキュリティ面については徹底して導入前に対策を考えるべきなのです。
 

たとえばセキュリティ規定を定めること、継続して利用者に教育をすること、接続許可をするネットワークは
限定しておくこと、データの暗号化の義務付け、デバイスの管理を徹底する、アプリケーションの管理を徹底する、
マルウェア対策を義務化する、インシデントの予兆を見逃すことを許さない、スマートデバイスを利用するものに
対しては利用申請書の提出を義務付けるなどの徹底したスマートデバイスのためのセキュリティ対策を行う必要が
あるでしょう。
 

少し大げさのように聞こえるかもしれませんが、これくらいのことをしても
十分なほどセキュリティ面では何かとリスクを負いやすいので、スマートデバイス導入時には注意が必要なのです。