クラウド営業


ここではクラウドを用いた営業についてみていきましょう。

営業スタッフがいる店舗や、販売員が全国にいる会社では営業や販売促進に関して必要となるものとして資料であったり、
製品そのものであったり、サービスにかかわる新しい情報や、その製品の使い方を教えるデモストレーションなども含めて、
これらの準備をして全営業担当者に共有させてそして活用させるということになると、これはかなり大変な作業です。

これまでは会社がこうした情報を共有していきたいと思ったら、会社内のイントラにまずは公開をした上でメールにて配ったり、
印刷をして送るなどの方法をとっていたのですが、これらはどれも配布することが可能でも実際に見てもらえるのか、
使ってもらえるのかという点では、
社員にもよりますが、使うところまでしない社員もいて、使わないなら単なる営業促進の無駄な経費を使った、
そして労力も使っただけということになり、せっかく配布したものも役に立たずに終わるケースが多かったです。

活用させる、使うというところまで手が届きませんし、営業スタッフが持ち歩く情報そのものを全員に統一するというのは
かなり難しいといえるでしょう。

こうした問題が営業ではどこの会社でもよくあることでしたが、今はタブレット端末、そしてクラウド機能を導入することで
これらの問題がすべて解消させることができるのです。
営業や販売の現場で情報を共有することができるツール、それがクラウドです。

クラウドを導入することで簡単に社員全員が同じものを共有することができます。

営業担当者たちが使っているタブレットの中に共通のフォルダを用意しておいて、それを開けばコンテンツへのアクセスが可能になり、
資料や情報をそのつどダウンロードしなければいけないということはなく、開くだけなので手軽に最新の情報や資料が見れるというわけです。
これなら配布したけど水に終わってしまったということもなく、見たいと思った人だけがアクセスを自由にすればいいので、
コスト削減と労力の削減につながります。

共有しているファイルそのものを活用するということに対して注目をしているのです。

常にタブレットを持ち歩く営業にとっては、そのタブレットの中にはいつでもアクセスすれば最新情報が入っているので、
社に戻ってからでなければわからないということもありません。

常にオンラインで本部と営業がつながっていられるので、情報更新もかなり効率よくできるというわけです。