スマートデバイス基礎情報


導入に必要な知識、用語などをまとめていきたいます

スマートデバイスを今導入している企業はとても増えていますが、
すでに導入している企業だけでなく、前向きにスマートデバイスを導入したいと考えている企業も増えているのが現状です。

SFA
CRM
チームセリング
グループウェア
・クラウド営業・・・クラウドを使った営業業務について(現在執筆中)
・セキュリティ・・・対策方法などについて(現在執筆中)

紹介していきます。

スマートデバイスはスマートフォン、タブレットなどがあります。
それぞれの会社にあわせて選ぶことによって業務効率がアップすることは間違いありません。

大画面でタッチパネルを採用していることで携帯してとても使いやすいのが特徴です。
パソコンのように電源を入れてから立ち上がりに時間がかかるということも無く、起動してすぐに使うことができるというメリットもあります。
しかもパソコンと同じようにマイクロソフトオフィスエクセルの画面も見ることができますし、パワーポイントの資料を見て、そしてこれらを修正することもできるのです。
ビジネスシーンに役に立つアプリメーションも豊富にあります。
導入に当たってはそれぞれの会社に最適なアプリケーションを選び、それを入れることによって利便性はさらにアップします。

スマートデバイスをビジネスシーンに導入するにあたって、クラウドサービスは連携させたほうがいいでしょう。
クラウドサービスを連携させることによって、業務のスタイルはかなり変化することが予想されますし、それはいい方向に会社としてはメリットとして働いてくれることは間違いありません。

導入するに当たってはどこの会社の端末を使うのか、そして通信業者との提携も必要ですので、どこの会社と契約をするのか検討する必要があります。
スマートフォンにするのか、タブレットにするのかということも選ばなければいけません。
法人割引きを実施している通信業者もあり対象回線が2から10回線の月額定額料無料のところもあります。
導入を検討する場合、他社の導入事例も知っておくといいかもしれません。
他者がどのように導入して、そしてどのように成功しているのかをチェックしておくと役立ちます。

スマートデバイスの特徴を生かしたことによってプレゼンテーションで他社と差別化することができるようになったという会社もあります。
業務効率化が図れて通信費のコストダウンができた会社もあります。
また、作業の効率化が確実に目に見えて実現できた企業もでてきています。