富士通の例

導入と課題

タブレットやスマホは、今や広く普及しており、個人として使用するのはもちろんのこと、企業でも導入して活用しているところは多いです。
そしてそのようなスマートデバイスを企業内で効率よく使用している場所はまだまだ少なく、スマートデバイスはメールやサイトを見たりするという限定的な使い方に留まる場合が多いです。
現在はまだスマートデバイスは発展途上の段階です。

スマートデバイスを業務で活用するとなると、タブレットなどを企業に導入すればすぐに活用可能ですが、それだけでは不十分です。
ネットワークを構築してタブレットを利用しますので、端末のセキュリティを強化するのはもちろんのこと、ネットワークのシステム全体をセキュリティ対策しなければなりません。
そしてこの統合型のソリューションを提供しているのが富士通です。

導入に関して

スマートデバイスを企業内に導入する場合は、以下のポイントを抑える必要があります。

・端末の対策

タブレットでもスマホでも導入する場合は、常時ネットワークに接続されている状態となっています。
認証などを行わないで接続できれば、だれでもいつでも勝手に接続でき、端末内のデータを簡単に閲覧して盗まれます。
認証制度を導入、データを暗号化するなどのセキュリティ対策を行うと同時に、端末は軽くて持ち運びしやすいので、端末自体の盗難対策も必要です。

・ネットワークのセキュリティ

ネットワークを構築したら、そのネットワークと社内システムを接続することもあります。
ネットワーク自体もセキュリティ対策を施さないと、そこから社内システムに侵入されます。
セキュリティを強化するには、、ネットワークUTMなどの製品を利用するか、FENICSⅡ ユニバーサルコネクなどのサービスを利用するのが確実です。

・端末データの集中管理とポリシー

端末のセキュリティは、社員個人のみでは時にはセキュリティが疎かになるかもしれません。
そのようなことを防ぐために、端末のデータを一カ所で集中管理するのが良いです。
集中管理すれば、端末の情報不正漏洩や危険を及ぼすプログラムのインストール防止などを行うことが出来、よりいっそうセキュリティを高められます。
また業務でのデータを端末ではなく、サーバーなどに残すようにすれば、端末からの情報漏洩を防げます。

もう一つ重要なのがセキュリティポリシーを定期的に見直すことです。
業務内容が変化したり、業務環境が変化したりすると、作成したセキュリティポリシーでは対応できない事態も想定されます。
新しい業務を導入すれば、スマートデバイスの活用環境も変わりますので、それに対応させたセキュリティポリシーを作ることも必要です。
このようなために、定期的なセキュリティポリシーの見直しは必要なのです。